震災と原発について

3月 15, 2011 - 9:00 pm コメントは受け付けていません。

本題の家づくりのテーマからずれてしまいますが、この度の震災についてお話ししたいと思います。
3月11日に東北・関東で震災が起き、今も断続的に余震が続いているような状況ですが
毎日ただ茫然とテレビの前で現地の情報や映像を見ることしかできないことに無力さを感じます。
今もなお被災地で苦しんでいる方の安全を願うことと亡くなられた方のご冥福をお祈りすることしかできません。
また震災の影響により福島の原発事故が起きていますが
原発に関する情報は聞いていてもなかなか状況が理解できない難しいことなのでとにかくこれ以上被害が広がらない事を願うばかりです。
津波に関しては地震による自然災害なので何とも言えない所なのですが原発事故に関しては原子力発電を始めたのは人間で、
またその恩恵を貪り続けてきたのもその人間なので、これは人間の罪と罰なのでしょうか。
今回の地震による原発事故は文明という名の快適さを手にするためには、それなりのリスクを背負わなければいけないとうことの象徴のような気がします。
原子力発電所での電力エネルギーの生成は日本の総電力の約20パーセントを占めているということですが、
今後原子力発電のあり方は今まで以上に見直されるのではないでしょうか。
もし見直されないのであれば日本という国はおかしいとしか言いようがありません。
今回の地震は東北でしたが九州でも原発はありますし、大分では海を挟んで目と鼻の先の四国・伊方にも原発があります。
大分の工務店で家を建てることを考えた時に、電力という生活する中で重要なライフラインの一つについてもまじめに考えなければいけない時期になっていると感じます。
また住宅を建てるための不動産物件の土地を購入する際も、地盤が強いかなど様々な事を考えなければいけないのではない所です。
健康な食物や住宅づくりなど様々な点で気を使っているのであれば今後は安全に使える電力、グリーンエネルギーの早期の開発を願うばかりです。

Comments are closed.