Posts Tagged ‘収納’

物を持たないテクニック

11月 16, 2017 - 3:22 pm コメントは受け付けていません。

物を持たない物を減らすという発想で、シンプルライフを楽しむための方法を考えましょう。
シンプルライフは、物を捨てる事が絶対条件です。部屋に物が溢れていると、それを自分の頭が認識していて、頭の中は整理されず、新しい情報が入り難いのです。

現在使っていないものは捨てましょう。これからも使わないからです。これが無いと生きていけないと思えるものだけ残しましょう。

使うかもしれないもの、必要になるかもしれないものも捨てましょう。使うときは来ません。必要なときは買うことにして、お金をとっておきます。捨てて後悔することはほとんどありません。

貰い物や、自分が苦労して手に入れたものは捨てにくいですが、それがストレスになっています。思い切って捨てましょう。

物が収納スペースから溢れたら、収納を増やさず、物を捨てましょう。余分な物を入れなくなるので、節約になり貯蓄もできます。

捨てられなければ、物を厳選しましょう。優先順位を決め、ベストな数を決めます。例えば洋服なら、ベスト5、パソコンなら1台ですね。本でも愛読書はそんなに多くないはずです。そして、ベストに入らないものは捨てます。

ルールを作ります。好きな物を5つ残して後は思い切って捨てるなど、自分のルールを決めましょう。

捨てる方法を決めます。捨てるのはゴミとして出すことだけではありません。捨てる方法によっては、捨てることへの罪悪感を乗り越える事ができるかもしれません。リサイクルは必要な人が購入してくれます。フリーマーケットは、買う人の顔もわかり、人の役に立つ感覚を実感できます。資源リサイクルは、物に第二の人生を与え、地球にも優しく、社会に貢献することにつながります。

玄関の快適

11月 4, 2015 - 5:51 pm コメントは受け付けていません。

玄関は住宅の顔とも言われる部分です。それだけに玄関は常にきれいでスッキリとした空間が広がるようにしておきたいものです。玄関の快適性を保つのであれば、玄関横にシューズクロークの存在は欠かせません。最近では玄関に靴箱を設けるよりも、玄関横にシューズクロークを設ける方が人気となっています。

我が家の新築住宅には、玄関横にシューズクローク兼土間収納を設けたので、玄関には靴箱も必要なく、雑貨を飾るカウンターが設けられているだけです。このカウンターは飾り棚としてだけでなく、靴を脱ぎ履きする時の手すり代わりにもなってくれるのです。靴箱や外で使用するベビーカーなどが玄関スペースを占領していないので、広々とスッキリとした玄関が広がっています。

シューズクロークは天井にまで広がる可動棚で、家族の靴を大容量に収納しておくことができます。長靴やブーツなどの高さのある靴もしっかり収納できるので、どこにどの靴があるかが一目で分かり、出し入れもしやすいです。

また靴を収納するだけでなく、外で使用するものまでも大容量に収納しておける土間収納も兼ねています。外で使用して、汚れたままの状態で収納できるので便利です。ついベビーカーや三輪車など玄関スペースやポーチ部分に置きっぱなしになってしまいがちですが、この土間収納スペースがあることで物が散らかりにくい玄関となっています。

また我が家はこのシューズクロークから室内へ出入りできるようにもなっており、スムーズな動線を得られることで、使い勝手も高まっています。玄関の快適さを保つにはシューズクロークが鍵を握るのだと思います。

ファミリークローゼット

7月 8, 2015 - 9:43 am コメントは受け付けていません。

私は家事の中で一番面倒と感じるのが、たたんだ衣類をクローゼットにしまうことです。現在は二階のベランダで洗濯物を干し、一階のリビングで乾いた洗濯物をたたみます。そして二階の寝室には我々夫婦の衣類を、そして子どもの衣類は子ども部屋のクローゼットにしまいます。住宅内を行ったり来たりと無駄な動きが多いので、洗濯物をしまうというのが一番面倒と感じてしまうのです。

新しい家ではその不満を解消できるように、生活の中心となる一階にファミリークローゼットを設けるようにしました。家族の衣類を一か所で管理できるので、今までのように衣類を各部屋にしまいに行くという手間が省けます。また生活の中心となる一階にファミリークローゼットを設けることで、旦那さんや子ども達も自ら自分の服を管理するようになってくれればいいなとも思っています。出し入れがしやすい環境を整えておくことでそれを実現できると思います。

ファミリークローゼットを設ける位置ですが我が家は和室にこれを設けました。和室で着替えをすることが多いのでここに衣類を管理することでみんなの使いやすさも高まります。和室で洗濯物をたたんだり、アイロンがけも行うので、一連の家事がスムーズに行いやすくなります。子どもが小さい時は子ども達の衣類は親が管理します。服を汚すことや、汗をたくさんかき着替えを行うことも多いだけに、より身近な場所にファミリークローゼットを設けることで暮らしやすさにも繋がるのです。これで私の家事への不満が軽減し、家事を楽しみながら行えそうです。

玄関横の収納

3月 21, 2015 - 4:35 pm コメントは受け付けていません。

最近特に取り入れる人が多いシューズクローク。
玄関に靴箱を設けず、玄関横にシューズクロークを設けるスタイルが人気となっています。玄関のすぐ隣の収納部屋となるシューズクロークは土足でそのまま入ることができます。
靴や傘を収納するのはもちろんのことベビーカーや子どもの三輪車、広さに余裕があれば自転車などもしまうことができる便利な収納スペースなのです。
このシューズクロークを充実させることで玄関に靴や物が散らかるということがなくなり、きれいでスッキリとした玄関を維持できるのです。

動線を重視するのであればこのシューズクロークから室内へ出入りできるようにするといいと思います。多くはシューズクロークで行き止まりなのですが、ウォークスルーにすることでスムーズな動線を手に入れられます。
しかしその際面積が必要になります。
面積が確保できなければ、収納力に欠けてしまうのです。
収納力を重視するのであれば行き止まりにしたスタイルがいいと思います。

シューズクロークを設ける際に気をつけておきたいのが、換気です。
空気の循環が悪いと湿気が溜まり、靴にカビが生えてしまいます。
また靴の臭いも気になります。
これらの対策として窓を付けたり、24時間換気で空気の循環をしっかりと確保することが大切です。換気扇の設置も有効的です。

そして夜間でも収納している物をしっかり確認できるように照明を設置しておきましょう。照明があるのとないのでは便利さも違ってきます。
シューズクロークの収納力を高めることで玄関スペースが少々狭くても圧迫感を感じず、物が片付きスッキリとした玄関を維持できるのでぜひシューズクロークは設けたいものです。