化学物質過敏症とは?シックハウス症候群とは?

2月 3, 2010 - 7:18 pm 化学物質過敏症とは?シックハウス症候群とは? はコメントを受け付けていません。

化学物質過敏症は微量の薬物や化学物質の摂取・吸引することによって健康被害が起こると考えられています。

化学物質過敏症の症状にはシックハウス症候群と同様に発症には個人差があり、また薬物や化学物質に対する個人の許容量を一定以上超えた時に引き起こされると考えられます。

また症状や引き起こされる原因も個人差があり、症状の回復時間や症状の度合いも様々です。化学物質過敏症の症状は様々あります。

いくつか例を挙げますと、

鼻炎、咽頭炎、皮膚炎、気管支炎、喘息、動悸、不整脈 、異常発汗などの自律神経障害 、不眠やうつ状態などの精神症状、頭痛、発熱、疲労感等があげられます。

化学物質過敏症は、中毒、アレルギーとは異なる概念の疾患であるとされています。

住宅内の揮発性有機化合物が原因の一つとされるシックハウス症候群とは化学物質による健康被害ということで混同されることがありますが、

シックハウス症候群は住宅に由来する様々な健康傷害の総称なので同一の症例ではないと考えられます。

しかし化学物質が人体に及ぼす影響は未だ解明が進んでいません。

また化学物質過敏症は個人差があってまた発症する症状も様々な症状のため、適切な診断が下されない場合が多くあります。

精神の持続的な緊張やストレスによって発生する心身症と判断されてしまう場合もあります。

化学物質過敏症の症状は未だ、医学や化学的に解明されたものではないため、生活をする周辺の方の理解が必要だと思います。

Comments are closed.