ダイニング

5月 6, 2016 - 2:27 pm コメントは受け付けていません。

専業主婦である私は一日三度も食事の支度を行わなければいけません。家事を行う上でキッチンからダイニングへの動線はとても重要だと思います。今まで住んでいた住宅は、対面式キッチンの前にダイニングを設置していました。配膳をする際はキッチンとダイニングを何度も行き来します。この間取りだとキッチンへ回り込まないといけなかったですし、キッチンの横に通路の幅もしっかり確保しておかなければ料理を運びにくいのです。

新居では対面式キッチンの真横にダイニングを設けました。キッチンの真横にダイニング設ける方が、キッチンとダイニングの動線は短くなりますし、横移動なので移動もスムーズです。配膳も格段にしやすくなりました。またキッチンの真横にダイニングを設置したことで、家族にとってもキッチンという存在がより身近に感じられるようになりました。子ども達が積極的にキッチンへ来てお手伝いをしてくれますし、お箸をとって並べてくれたり、食後はお皿を流しまで運んでくれるようになったのです。

またこのダイニングテーブルを作業スペースの延長として利用することもできます。親子でクッキングするには最適のスペースですし、お鍋を一時置きしたりするにも便利です。間取りによって暮らしやすさや家事の効率と言うのは変わってきます。我が家はキッチンとダイニングを真横で繋いだことで家事の効率を高めるだけでなく、子ども達の成長まで感じられるようになりました。キッチンがLDKの中心的な存在になるだけでなく、家族のコミュニケーションの場としても大事な空間となっています。

Comments are closed.