家事専用スペース

8月 12, 2016 - 9:28 am コメントは受け付けていません。

女性にとって家事はずっと続くものです。それだけに家事への不満や負担を感じることのない家造りをすることで、暮らしやすく住み心地のいい家となるのです。そこで最近では、家事を専用で行う家事室を設ける家庭も増えてきました。この家事室を設ける場所は、家事の中心であるキッチンからより近い場所に設けられることが多いです。キッチンから数歩で行き来できる家事室があると家事動線もスムーズなのです。

ここでは、洗濯物を洗う、干す、たたむ、しまうという作業が同じ空間で行えるのです。そのため家事効率が良く、家事の時短の夢ではないのです。ここには室内用の洗濯物干し場を完備します。天候に左右されることなく洗濯物を干せる環境があると助かります。雨や雪の日、夜洗濯物を干す時、外出して帰宅が遅くなる時、花粉や大気汚染物質が多く飛来する時など屋外に洗濯物を干せない日や干すのに抵抗を感じる日は意外と多いです。室内用の洗濯物干し場があると重宝するのです。

ここで干した洗濯物をその場でたためるようにカウンターを設けておきます。洗濯物をたたむだけでなく、アイロンがけや裁縫をするにもこのカウンターが重宝するのです。そして、ここに家族の服を全て管理できるようにファミリークローゼットを設けるのです。たたんだ洗濯物やアイロンがけをした衣類をその場でサッとしまうことができれば家事の効率も格段に高まります。主婦の中にはたたんだ洗濯物を各クローゼットにしまうのが面倒と不満に感じる人も多いだけに、一か所に家族の衣類を管理しておくと家事への不満もしっかり解消できます。家事室はこれから益々需要が高まりそうな空間ですね。

Comments are closed.