ペットと暮らす家

6月 20, 2018 - 1:26 pm コメントは受け付けていません。

私の周りには住宅内で小型犬を飼っている友人が数人います。この友人達の共通点は、犬をペットとして考えるのではなく、家族の一員として大事に考えているということです。そこでマイホームへ行くと、人と犬がともに快適に暮らせる配慮が取り入れられていました。

人と犬が互いに窮屈さを感じることのないように、壁や柱の少ないオープンな空間を作っていました。そうすることで犬が自由にのびのびと動き回ることができます。リビングの一角にはペットスペースを設け、犬にも居場所をしっかりと設けておくのです。人が食事をしている時や来客時に犬が寂しい思いをしないようにリビングの一角にペットスペースを設け、手軽に仕切れるようにしているのです。

最近ではリビングイン階段が設けられることが多いです。この階段下のデッドスペースを利用してペットスペースとして活用させたり、上部にはペット用品を収納できるスペースを設けておいたりデッドスペースを生まないようにしているのです。

犬と暮らす上で欠かせないのが、汚れやニオイ、ノミを防ぐためのシャンプーです。つい面倒と感じてしまいがちですし、力仕事なので体に負担がかかります。このシャンプーを少しでも楽に行えるように、ペット対応洗面化粧台を設けておくのです。シンクには専用のマットを敷き犬の足が滑りにくく、腰をかがめずにラクな姿勢でシャンプーを行えるようにしておきます。壁や床には犬が滑りにくい素材、キズがつきにくい素材に配慮しておいたり、散歩後に犬を足を洗う立水栓を設けておいたり、人とペットが共に暮らしやすい住まいとなるように工夫されていました。ペットと暮らすにはこのような配慮が必要なのだと改めて考えさせられました。

Comments are closed.